COOL CHOICE LEADERS AWARD 環境省と爆笑問題が大募集!日本と世界を「クール」にする人。

結果発表

環境大臣賞

プロダクツ部門
窓リフォーム「リフレム リプラス」

株式会社LIXIL / 東京都

作品紹介

「リフレム リプラス」は壁を壊さず既存の窓を最短60分で交換可能な「かんたんリフォーム商品」です。
今までの窓リフォームに対する市場の意識を変え、窓リフォームの普及促進による高い省エネ効果と温室効果ガスであるCO2の排出量の削減に大きく貢献できる製品です。

受賞者コメント

受賞のご感想をお聞かせください。

『環境大臣賞』という素晴らしい賞を頂けたことを大変光栄に思います。私共は人々の豊かで快適な暮らしを実現するために様々な商品開発に取り組んでおり、今回、賞を頂いたことで、この商品が高い省エネ性能を発揮することがより広く浸透し、地球温暖化の抑制に貢献できることを大変喜ばしく思います。

開発時の「想い」をお聞かせください。

既存住宅の窓はいまだ約8 割が非断熱窓であり、省エネが進んでいません。その社会課題を解決するために、「省施工」で簡単にリフォームでき、かつ、これまで実現できなかった、「より美しい仕上がり」にしたいという想いで開発しました。

いちばん苦労された点は? どのような工夫で克服されましたか?

ターゲットを、40年前~10年前 (主に次世代省エネ基準制定前) までの住宅で、自社・他社問わず施工対応が出来る商品としたため、当時の全てのサッシ形状に対応可能とする高い汎用性を持たせることと、かつ室内・屋外の見付寸法を極限まで小さくさせることの両立が一番の課題でした。
サッシ形状の情報収集に当たっては施工業者様のご協力もいただきながら、また、商品仕様については「カンタン調整機構(特許出願済)」を備えた新技術の開発で乗り越えることができました。

受賞を受けて、今後の抱負をお聞かせください。

LIXILは、2030年までに、「環境負荷ネットゼロ」の実現を目指しています。特に窓をはじめとする開口部は、住宅の中で最も室内外への熱の流出入が大きいため、窓リフォーム商品は環境負荷を低減するための非常に重要な商品と位置付け、普及への取り組みを進めています。
この受賞は「リフレム リプラス」が温室効果ガスであるCO2の排出量の削減に大きく貢献できる製品だと認められた証と考え、より一層普及に取り組んでまいります。