温室効果ガスの排出量を減らす

日本は、2030年度に温室効果ガス排出量を26%削減(2013年度比)する目標を掲げています。目標達成のためには、家庭部門では約40%の削減が必要で、40%のうちの14%は徹底した省エネによる達成が求められます。

そのため、政府は、低炭素型の製品、サービス、ライフスタイルなど、温暖化対策に資するあらゆる賢い選択を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進しています。

低炭素型の製品とは、エコカー、省エネ住宅、省エネ家電などを指します。

低炭素型製品で COOL CHOICE

低炭素型製品を選択することで、快適かつ温暖化対策につながる、一歩先のライフスタイルを賢く選択することが大切です。 家電・住宅・自動車という生活に密着している観点で、ライフスタイルを見直してみてませんか?