2017.3.31

エネルギーの未来を突き進む!ソーラーカーラリー!

エネルギーの未来を突き進む!ソーラーカーラリー!

・1993年より大潟村で「ワールド・ソーラーカー・ラリー」が開催されている。
・参加者は電気自動車を動かす教育者や技術者。大会で培った技術でハイブリッド車が完成。
・エネルギー効率や省エネを考えて作られたソーラーカーには、今後必要な技術が集約されている。

akita_taisaku_3_data_855x480

広大な平地が広がる干拓地・大潟村。ここで繰り広げられる熱い戦いが「ワールド・ソーラーカー・ラリー」。
太陽光を使った技術を使って競うこの大会は、1993年以降毎年開催されています。
村おこしとして始めた大会ですが、参加者は日本で電気自動車を動かしている教育者や技術者。
『(思っていた以上に)大変なイベントだと気が付きましたね』と、当時介助役として大会開催に尽力した谷惇さんは語ります。
さらに、1995年には鉛蓄電池や燃料電池で走る耐久レース「ワールド・エコノ・ムーブ」が開催され、自動車産業に大きな影響を与えることに。
“エネルギーをどう効率よく使うか?”、”いかに効率よく省エネで動くか?”大会には現代の車に求められる技術が集約されています。
日本のメーカーが発表したハイブリッド車にも、大会で培われた技術が活かされ、エネルギー技術の進歩に大きな役割を果たしています。

https://www.youtube.com/watch?v=8yfObj5-fUU

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 秋田 エネルギーの未来を突き進む!ソーラーカーラリー!