2017.3.31

伝統工芸を次の世代へ。LED照明でつなぐ未来

伝統工芸を次の世代へ。LED照明でつなぐ未来

・青森市のある企業では、青森の工芸品を使ったLED照明を開発している。
・約1/10の電力で同じ明るさの照明が作れ、青森の工芸品を使うことで輸送コストなどもかからない。
・照明には、青森の伝統工芸を次の時代に繋げたい、という思いが込められている。

aomori_taisaku_7_data_855x480

青森市のある企業では、青森の工芸品を使ったLED照明を開発しています。
LEDにこだわる理由は、省エネルギーであること。
LEDならば従来の明かりに比べて、約1/10の電力で同じ明るさの照明が作れるのです。
さらに、青森の工芸品を使うことにも、「青森の伝統工芸を次の時代に繋げたい」という思いが込められています。
青森の職人さんたちの想いを照明に託し、照明とコラボレートさせることによって新たな販路を広げるきっかけにもなります。
また、地元工芸品を使うことは、梱包・輸送コストが削減され、複合的に地球温暖化対策に取り組むことにもなるのです。
地産地消への取り組みは、ヒバの切れ端、ガラスを焼き直してリサイクルするなど、さまざまなところで反映されています。
環境への影響を考え、積極的なリサイクル活動が楽しみながら行われています。

https://www.youtube.com/watch?v=bHuKHJjFNP8

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 青森 伝統工芸を次の世代へ。LED照明でつなぐ未来