2017.3.31

増加する集中豪雨が市の財政を圧迫させる!

増加する集中豪雨が市の財政を圧迫させる!

・近年、八戸市では集中豪雨による冠水被害が増えている。
・冠水による交通整理員の配置、排水、道路の嵩上げ工事などが必要となり、経済的な損失に。
・今後は市民への情報発信を、メールやウェブでも実施する予定。

aomori_kiki_7_data_855x480

近年、八戸市では集中豪雨による冠水被害が増えています。
これは、地球温暖化による異常気象が原因の一つと考えられており、冠水被害のたびに交通制限を行うため、市民生活にも影響が出ています。
冠水は集中豪雨により、“排水施設が処理能力を超える”場合、または、“下流の施設が満水”という場合に発生します。
対策として、冠水箇所では安全確保のための誘導と排水処理を実施し、交通止めの時間短縮を図っています。
また、随時迂回路へ向かうための看板を設置し、誘導も行っています。今後は市民への情報発信をメールやウェブでも実施する予定です。
冠水被害が起きると、交通整理員の配置、排水ポンプの稼働、道路の嵩上げ工事などが必要となり、経済的な損失にも繋がります。
今後さらに冠水被害が増加することは、市の財政圧迫にもつながる可能性があるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=ST8D17DHtv4

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 青森 増加する集中豪雨が市の財政を圧迫させる!