2017.3.31

地域の暮らしにやさしい、エコな住宅設備とは!?

地域の暮らしにやさしい、エコな住宅設備とは!?

・平成28年度に「エコ事業所制度」で受賞した企業は、再生可能エネルギーを有効活用している。
・“空気熱利用システム”や“地中熱エネルギー利用システム”を活用し、大幅なCO2削減に繋げている。
・豪雪地帯のため雪に強い「克雪住宅」を推進。地域住民に優しい住宅設備の設計・施工を行う。

niigata_taisaku_5_data_855x480

新潟県では、地球温暖化対策として優れた取り組みを実施した事業所に「エコ事業所制度」の表彰を行っています。
平成28年度に受賞したある企業では、再生可能エネルギーを利用しながら地球環境に考慮し、CO2削減に積極的に取り組んでいます。
例えば、冬の暖房を“空気熱利用システム”へ、夏の冷房システムと冬の融雪メンテナンスを“地中熱エネルギー利用システム”へ変更し、大幅なCO2削減に繋げています。
また、社屋の地中熱システムはよりCO2削減に貢献するタイプとなっています。
さらに、豪雪地帯の新潟では、毎年雪下ろしや除雪中の事故が多いことから、雪に強い「克雪住宅」の普及を推進し、地域に即した住宅設備の設計・施工を行っています。
地球温暖化対策をすすめるには、個人の力だけではなく、自治体と企業とのしっかりとした連携が必要です。

https://www.youtube.com/watch?v=FWNsRY0SJ1U

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 新潟 地域の暮らしにやさしい、エコな住宅設備とは!?