2017.3.31

地球にやさしい“水素”をフル活用!低炭素社会への取り組み

地球にやさしい“水素”をフル活用!低炭素社会への取り組み

・静岡市に県内初の定置式水素ステーションが完成。燃料電池自動車の水素を製造・販売に活用する。
・純水素燃料電池の実験や燃料電池二輪車の走行試験を行うなど、水素エネルギーを多面的に発信していく。
・低炭素社会への取り組みを広げ、さらなる地球温暖化対策へ繋げていく。

shizuoka_taisaku_5_data_855x480

静岡市に「水素ステーション静岡」が完成しました。
この施設は、県内初の定置式水素ステーションとして、燃料電池自動車の水素を製造・販売する拠点となります。
燃料電池自動車は、排気ガスの替わりに水を排出することから“究極のエコカー”と呼ばれ、活用が期待されている自動車です。
さらに、今後は燃料電池自動車だけではなく、水素エネルギーに関して多面的に発信していくことも視野に入れ、水素を利用した社会づくりが始まろうとしているのです。
今後、水素ステーションでは純水素燃料電池の実験や燃料電池二輪車の走行試験を行う基地としての活用が予定されています。
低炭素社会への取り組みをより多くの方に知ってもらうことで、一人一人が低炭素社会を意識し、地球温暖化対策にも繋がっていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=lMusekaaRDo

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 静岡 地球にやさしい“水素”をフル活用!低炭素社会への取り組み