【第1弾】「WARM BIZ」を多くの方に実践してもらうため、地方テレビ局14局がオリジナルCMを制作しました!

今年度、「WARMBIZ と、暮らそう。」というメッセージを打ち出し、「鍋」をモチーフに、室温20℃で快適に過ごすライフスタイルを表現した、杏さんのウォームビズメッセージ動画を制作しました。
女子鍋会で杏さんと友人が一緒に過ごしている場面は、ひとり一台の暖房使用をやめ、暖かさをみんなでシェアする「ウォームシェア」の取組にも繋がり、最後のシーンでは、「ウォームビズ」の取組をオフィスでも実践するよう呼びかけています。
この動画をきっかけに、ウォームビズの取組をさらに広げるため、今回、おもに北部エリアを重点地区とした地方テレビ局14局との連携施策を実施します。

暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイル「ウォームビズ」を推進するため、各地の地方テレビ局で杏さんの動画をオンエアするとともに、各局がオリジナルCMを制作してウォームビズの実践を呼びかけていきます。

第1回目の今回は、放送が開始されている次の4局(北海道、宮城県、福島県、石川県)のオリジナルCMをご紹介します!


動画公開期間は終了しました

  • ●北海道(北海道放送)

    ある家族のウォームビズの取組をテーマに、北海道特産の鮭入りの「ミルク石狩鍋」や、長袖のハイネックセーター、温かいスリッパを履くなどしてウォームビズを実践しています。
    また、ひとり一台の暖房使用をやめ、暖かさをみんなでシェアする「ウォームシェア」も実践しています。

  • ●宮城県(東北放送)

    友人との鍋会をテーマに、宮城県特産の「牡蠣」を入れた鍋の他、長袖のハイネックセーター、ストールを活用してウォームビズを実践しています。
    また、ひとり一台の暖房使用をやめ、暖かさをみんなでシェアする「ウォームシェア」も実践しています。

  • ●福島県(福島中央テレビ)

    こちらは女子鍋会をテーマに、福島県特産の会津地鶏やいわきねぎなどが入った、「ふくしま雪見鍋」や福島県川俣町産のニットを着てウォームビズを実践し、オフィスでの取組も呼びかけています。
    また、ひとり一台の暖房使用をやめ、暖かさをみんなでシェアする「ウォームシェア」も実践しています。

  • ●石川県(石川テレビ)

    こちらも女子鍋会をテーマに、石川県金沢市のご当地おでん「金沢おでん」やハイネックセーター、ストールなどを活用してウォームビズを実践し、オフィスでの取組も呼びかけています。
    また、ひとり一台の暖房使用をやめ、暖かさをみんなでシェアする「ウォームシェア」も実践しています。


「ウォームビズ」とは

環境省は暖房時の室温を20℃で快適に過ごすライフスタイル「WARM BIZ」を推進しています。
「20℃」は目安です。暖房の適切な使用をお願いします。
(身近に温度計を置くことをおすすめします。)
◆ウェブサイトはこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/index.html


「COOL CHOICE(=賢い選択)」にご賛同ください。

「COOL CHOICE」は、CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、低炭素型の製品・サービス・ライフスタイルを賢く選択していこうという取り組みです。
ウォームビズも「COOL CHOICE」の一つです。
未来の地球のために、「COOL CHOICE」に賛同して、できることから始めてみませんか?
◆ご賛同はこちらから
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/join.html


余分な暖房を止めて、みんなでひとつの部屋、場所に集まることでエネルギーを節約するのが「ウォームシェア」。
たとえば、個別の部屋の暖房は止めて街へ出かけて、図書館や博物館、児童館などの公共施設、レクリエーション施設などを利用すれば、全体としてエネルギーの使用量を抑えることができます。
詳しくは「ウォームシェアについて」のページをご覧ください。