地球温暖化防止コミュニケーター

気候変動への適応策

地球温暖化の問題に対処するための方策には、大きく2つあります。
1つは、温暖化による悪影響にあらかじめ備えておこうという適応策(てきおうさく)。もう1つは、温室効果ガスの排出を抑制する緩和策(かんわさく)です。適応策と緩和策のバランスが重要です。
ここでは、適応策についてご紹介します。

適応策の例

熱中症対策

地球温暖化が進むと、暑い日が増えますが、熱中症にならないように、暑さを避けたり、こまめに水分をとったり、といった方策を知っておくことも適応策の1つです。
環境省作成の「熱中症環境保健マニュアル」では、熱中症の科学的知見や関連情報を紹介しています。

農作物への対策

暑い日が増えると、農作物にも影響が出ます。
ぶどうは、夏から秋にかけて暑い日が続くと果実の色が悪くなりますが、当面の適応策として、暑さに強い品種を植えたり、影響をやわらげる栽培技術が導入されています。

安全な場所の確認

地球温暖化が進むと、豪雨や発達した台風なども増えると考えられていますが、そういった場合に備えて、地域で洪水が起こった時の浸水範囲を予想した洪水ハザードマップなどを確認しておくことも、適応策といえます。
こうした情報を知っていれば、いざ洪水が起こった時に、避難経路や避難場所を決める手助けにもなります。

ページトップへ