地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 地球温暖化対策とLEDに関するセミナー
セミナーの実施日時 2015年02月07日
会場 広島市青少年センター3階第1集会室
プレゼンのテーマ 司会は高校生が担当。開会の挨拶(WG主査)の後、IPCCリポートコミュニケーターの篠原が一般向けPPTを50分に編集して講演、続いて外部講師の川畑敬志広島工業大学名誉教授に青色LEDを中心としたLED及び電子装置の仕組みについてわかりやすく50分で解説していただいた。休憩の後、大学入試問題から環境問題と関係のあるものを元高校教師の会員が解説を行った。その後、引き続き休憩時間に提出された質問に答えて時間通り閉会した。
参加者人数 25 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
【実施内容】
高校生を対象とした環境教育の一環として、年1回セミナーを開催している。タイトルは地球温暖化対策と○○に関するセミナーと言うことで、○○に相当する部分には社会的関心が高く高校生が関心を示す話題を選んでいる。案内状は市内の県立・市立・私立の高等学校に郵送し、一部の学校には直接訪ねて案内状を渡しているが、十分聴講者を確保できていない。高校関係者によれば教員の業務が忙しすぎるとのこと。

【感想】
1人でも多くの人にIPCCリポートの内容を伝えたいと考えています。関心をもって聞いてもらえたのは良かったと思います。
地球温暖化という言葉から、クイズでは最も大きい温度差を選ぶ傾向にあります。セミナーを終了して感じるのは、地球温暖化問題を自分事としてとらえることは大変難しいことだということす。
周囲からの反応
【参加者のご意見等】
①今日は、貴重な話が聞けて本当に良かったです。これから、すこしづつ自分も考えていきたいと思います。
②IPCC報告書の中で、CO2削減に原子力発電があるのが気になる。100年先をも通して原発再開は中止してほしい。
③温暖化防止などに興味がわきました。

【主催者側のご意見等】
高校生を対象としたセミナーなので、子供向けを用いるか一般向けを用いるか迷いはありましたが、高校1年生であったため一般向けは少し難しかったかもしれない。温度上昇のクイズで0.85℃と答える人は非常にわずかであった。