地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 環境月間講演会 「地球温暖化の影響で変わりゆく環境と私たちのくらし」 ~科学者・気象キャスター・区民で一緒に考えよう~
セミナーの実施日時 2014年06月04日 18時25分 ~ 20時30分
会場 練馬区立区民・産業プラザ3階 Coconeriホール
プレゼンのテーマ IPCC AR5の最新報告と、気候変動のしくみと現状、練馬区という地域性を踏まえた地域・家庭の対策等について考える
参加者人数 126 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
【実施内容】
環境月間行事の一環として、 練馬区地球温暖化対策地域協議会、練馬区の主催で講演会「地球温暖化の影響で変わりゆく環境と私たちのくらし~科学者・気象キャスター・区民で一緒に考えよう~」を行った。当団体では、2010年、国立環境研究所の江守正多温暖化リスク評価研究室室長による地球温暖化についての講演、2013年、気象キャスター天達武史氏による気象についての講演を実施するなど、地球温暖化とその対策について地域に発信し続けている。
国立環境研究所の藤野純一氏からはIPCCやAR5の最新報告について、気象キャスターの藤森涼子氏からは、温暖化による気候変動や異常気象のしくみ等について、環境カウンセラーで協議会会員でもある沼田からは区の施策や家庭の省エネ行動等について、それぞれ違った専門性からアプローチすることで「温暖化から自分たちの暮らしまで」を考えられる目的の企画とした。さらに練馬区はヒートアイランド現象の影響も大きいため、「温暖化とヒートアイランド」の発生原因の違いと共通する課題等、練馬という地域性についての説明も加えた。進行は一方的な「講演」というかたちをとらず、申込時や当日受けた40問を超える質問から講師が答える会場参加型とした。
(以下内容)
1.映像「IPCC AR5の警鐘 私たちの暮らしと地球温暖化」を視聴し「基本情報」の共有化を図る
2.IPCCとは何か、AR5は何を伝えたいのか(藤野氏)
3.温暖化と気候変動 「気候変動の実態について・今後懸念されること」(藤森氏)
4.練馬の暑さ 「地球温暖化」と「ヒートアイランド」の相違(藤森氏)
「練馬の現状~緑被率とエネルギー消費」(沼田)
5.地域活動について 「省エネナビモニター事業」紹介 (沼田)
(休憩 10分間)
6.事前質問から「寒冷化と温暖化」「水蒸気の温室効果」(藤野氏)
7.「今年の日本の大雪」「5年ぶりのエルニーニョ現象の影響」「日本の四季の変化」(藤森氏)
8.「対策と緩和策」について(藤野氏)
9.「練馬区の環境への取組み」(沼田)
10.「家庭でできる省エネ~エアコン冷房と窓について」(沼田)
11.当日質問への回答
周囲からの反応
実施後の主催者アンケート結果からは、回答数121人中、講演内容については「大変良かった」(52)「良かった」(47)と概ね良い評価をいただいた。また3人の講師に対しても、「大変良かった」(53)「良かった」(52)と高い評価をいただいた。
自由記述の意見欄では、「3人の講師はわかりやすくてよかった。聞きやすかった。」(24) 「地球規模の話だけでなく、練馬の身近で具体的な話がよかった。」(9)「身近な対策などすぐ使える知識があってよかった。勉強になった」(7) 「IPCCに関しては学術的に頑張っていることを理解した」(1)、という講演内容について改めて理解が深まったというものが多かった。
それらを踏まえ、「温暖化は地球全体の問題であり世界で取組まなければいけない。対策に励む。」(3) 「省エネの地道な継続、個人の意識の持ち方の大切さがわかった。」(2)といった対策や自らの実践の重要性に気付いたという意見も見られた。
また「1部が説明、2部が質問の答えという構成がよい。」(2)「動画を使うなど飽きない工夫がされていた。」(1)という、対話形式、会場参加型の講演会の手法を評価する意見もあった。
一方で、3人の講師の話を組み合わせる進行方法では、一度時間がずれると調整が難しく「もう少し時間をかけて説明して欲しかった。」(2)という声もあった。これについては2時間余という講演会時間が「短い」(3)「やや短い」(13)と思われた意見も見られたことから、もう少し早い時点で各講師の説明コンテンツを突き合わせ、全体時間、あるいは時間配分を検討する必要があったのではないかと思われる。今後の講演会企画の参考としたい。

◇開催報告について(当日の様子・講師資料等)
http://www.nerieco.com/project/seminor140604/repo/index.html