地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 平成26年度第2回交流研修会岩手県地球温暖化防止活動推進員・岩手県環境アドバイザー・地球温暖化対策協議会
セミナーの実施日時 2015年03月07日 13時00分 ~ 17時00分
会場 岩手県民会館 4F 第2会議室
プレゼンのテーマ 地球温暖化に係わる最新情報と活動事例紹介
参加者人数 15 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
【実施内容】
主催者代表者挨拶の後、主催者担当者から平成26年度事業の成果報告があり、その後、1時間15分の持ち時間で、IPCC-AR5の講演を行った後、別の講師がワークショップを2時間実施した。 IPCC-AR5の講演に関しては、「私たちのくらしと地球温暖化(IPCC事務局のPPT) 90分Ver」を60分に収まるように抜粋して使用した。
加えて、盛岡気象台の1923年からの平均気温データ等を用いて、地元における平均気温の上昇度合いを補足説明した。
さらに、環境省の家庭エコ診断結果(HPに公開されているデータ)を用いて、具体的な緩和策の事例を示した。
周囲からの反応
【来場者の反応等】
IPCC-AR5の説明部分に関しては、資料に動画などが含まれていて、非常にわかりやすかったとの意見であった。
盛岡地域については、ほぼ日本の平均値程度の気温の上昇であったことは、意外であった。
また、これまでの削減対策(緩和策)に加えて、適応策についても、両輪で考えていく必要があると認識した。