地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 エコであそぼう!(家庭生活支援連携講座)
セミナーの実施日時 2014年08月09日
会場 宇都宮市立南図書館 会議室
プレゼンのテーマ おんだんかって何?さまざまな道具を使ってエコを体験し、おうちで出来ることを考える。
参加者人数 25 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
【実施セミナーのストーリー】
・水に浮かんだ氷が全部溶けたら、水はあふれる?(実験クイズ)
・地球温暖化ってなあに?(pptで説明)
・LED豆電球比較実験 物の温度を測ってみよう、省エネグッズ紹介
・すだれの涼しさ(実験)
・食べ物でも涼しくなれる(クイズ)
・まとめ

【実施してよかった点】
・これまでは大人向けの資料を子供向けにアレンジしていましたが、系統だった資料を使うことができ、総合的な話が出来たと思います。特に100年後の天気予報は、子どもたちにも分りやすいもので反応がありました。

【実施して改善すべき点】
・自分なりに省エネはしていきたいが、周りの大きなコンクリートの建物や広い駐車場に暖められた熱風も何とかしてほしいとのご意見をもらいました。家庭の省エネを考える際も、他の影響、対策も合わせて伝えることができるようにしたいと思います。
周囲からの反応
・講座修了時に、保護者の方を対象に「家庭の省エネアンケート」を実施しました。参加前と参加後では、「実施できていない」項目が「できるだけ実施したい」「必ず実施したい」になったポイントが15ポイントありました。親子で一緒に考えてもらうことができ、省エネ行動を促進することができたと思います。