地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 シンポジウム「気候変動の科学とわたしたちの未来~IPCCと岐阜県民の対話~」主催環境省
セミナーの実施日時 2015年03月13日
会場 岐阜市長良河畔 岐阜グランドホテル
セミナー等の目的・概要 AR5に示されている気候変動に関する最新の科学的知見を、同報告書の作成を主導したジャン-パスカル・ヴァン イペルセル IPCC副議長等、気候変動問題の専門家からの説明を一般市民にわかりやすく伝え、市民の気候変動問題に対する知識や関心を深めることを目的に、シンポジウムを開催した。また、岐阜県における気候変動の影響やそれに対する適応策や関連した岐阜県内の取組み等について紹介し、が気候変動問題をより身近に感じ、対応策について考える契機を提供する。
プレゼンのテーマ 岐阜県の環境教育学習推進員として学校の総合的な学習の時間での授業の取り組みや岐阜県地球温暖化防止活動推進センターでの企業とコラボした体験を含めたプログラム講座について啓発の具体例として示した。市民からの要望として、もっと具体的で科学的な「自分にできること」を知りたいとの要望があることを話しました。
参加者人数 100 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
パネルディスカッションパネラーを務めました。5次報告書の適応策や緩和策を実効的なものとするためには、市民ができる「生活の知」を「科学的な視点」から具体的に提案し、身近な温暖化防止策の提示が求められていると話しました。特に地域差のあるエネルギー問題については、市民、企業、NPO、行政がいっしょに行動することが求められていると感じています。具体的な行動を共に決める場づくりが必要だと考えます。市民は「エコ」や「食」「ごみ」のテーマに興味を持つ人が多く、それと温暖化のつながりを話しつつ他の行動にも気を遣うようになる仕掛けが必要かと思います。
周囲からの反応
知り合いの方から市民目線で発言してくれてうれしかった。科学として学ぶことは大切だがひっ迫している状況をどう市民に説明し、適応策について語れるかが、温暖化防止対策を行おうとしている市民委は大切である。解かりやすい言葉で科学者に対して思いを語ってくれた、今後も同じように発言していってほしいと環境カウンセラーの仲間や岐阜県地球温暖化防止活動推進員の方から励ましの言葉をもらった。