地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 岐阜県西濃環境整備組合 総会
セミナーの実施日時 2015年08月21日 13時00分 ~ 15時30分
会場 岐阜県揖斐郡大野町下座倉 西濃環境整備組合会議室
セミナー等の目的・概要 3Rを目的とする岐阜県内の組合員の集まりで「温暖化」の基礎知識を得たいと申し出があり地球温暖化の影響と今後について説明をしました。地球温暖化について仕組みや現状の知識の確認をした後、AR5の報告書について、前回の報告書と変わった点と適応策と緩和策等重点的な防止対策について解説した。また、見学に来た子どもたちに自分にできることを広めていきたいと考えているとのお話でした。
プレゼンのテーマ 「私たちの暮らしと地球温暖化~IPCC AR5から~」
参加者人数 45 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
気候変動についてわかりやすく解説したいという要望がありました。3Rを推進する立場として、温暖化問題を知り、そのうえでごみの減量化を進めたいとの趣旨でした。現場で子ども達や市民に解説をする方から事務の方までが対象だったので、同じごみ問題に対しても知識がさまざまであるということだった。そこでプレゼン資料に岐阜県の現状と言葉の解説を加えて現状を知らせました。時間は90分と十分でしたが、温暖化問題からごみ問題とのつながりまでお話するには少し時間が足りませんでした。続けてではなく1部「温暖化」、2部「ごみとリサイクル」と休憩をはさんで話をした方がわかりやすいと感じました。
周囲からの反応
子ども達に話す場合「温暖化の話が苦手であったが、今回の話は平易な言葉でわかりやすかった」との感想が聞かれた。ごみの焼却施設で、今回の資料を基に見学に来た子ども達に温暖化の話をして「自分にできること」を広めていきたいとという意見が聞かれました。