みんなの宅配ボックス

もっと自由な受け取りへ。

再配達とCO2を減らすための実証事業 山形市・宇治市で実施 実施期間:2018年9月〜2019年2月頃

インターネットショッピングの普及などによって宅配便が増える一方で、
ライフスタイルの多様化によって1回で受け取れない荷物が増えています。

この結果、再配達のためにドライバーが働く時間が長くなり、
何度も車で伺うことでCO2も余計に排出されています。

こうした中、自宅以外でも荷物が受け取れる
「オープン型宅配ボックス」が注目されています。
現在、首都圏など大都市を中心に設置が拡大しています。

環境省では、こうした取組を多様な地域に広げるため、
山形県、山形市・京都府、宇治市と連携し、
オープン型宅配ボックスを活用した実証事業を行っています。

この機会にぜひ、あなたも「オープン型宅配ボックス」を使ってみませんか?

みんなの宅配ボックス オープン型宅配ボックスとは?

駅や商店街、ショッピングセンターなどの生活導線上で、
誰でも気軽に荷物が受け取れる宅配ボックスです。

これからは、決められた宅配時間や不在票、再配達に
わずらわされることもありません。

こんな時に便利です!

  • 帰りが遅くなっちゃった…

    帰り道でも受け取れます!
  • 週末は荷物を待ちたくない…

    好きな時に受け取れます!
  • 家族に受け取ってほしくない…

    だれにも知られず受け取れます!
  • 宅配来ちゃったけどパジャマ…

    部屋着も見られず受け取れます!