2017.3.9

雪国・秋田で未来を変える!太陽光発電のチカラ

雪国・秋田で未来を変える!太陽光発電のチカラ

・2013年から3年間で、県内各地にメガソーラーが急増。積極的に地球温暖化対策をしている。
・太陽光パネルは低気温のほうが出力が高くなる。雪国秋田市の太陽光発電ポテンシャルは北東北一。
・各市町村で住宅用太陽光発電設置に対し、補助金を支給。クリーンエネルギー活用を推進している。

akita_taisaku_2_data_855x480

クリーンエネルギーの代表格「太陽光発電」。秋田でも大型太陽光発電システム「メガソーラー」が2013年から3年間で県内各地に急増するなど、温暖化対策として積極的に取り入れられています。
しかし、秋田は雪国。効果がないのでは?と思われる方も多いかもしれません。
実は、太陽光発電はパネルの温度が上昇すると出力が低下する…という特徴を持っているため、気温が低い方が出力が高くなるのです。そのため、積雪に反射した光を受光すると太陽光発電の出力は上がり、秋田市の年間総発電量は80GWhと、太陽光発電のポテンシャルは北東北一。現在は各市町村で住宅用太陽光発電設置に対し補助金を設けるなど、一般家庭への浸透が進んでいます。
太陽光エネルギーは、雪国秋田でも有効なクリーンエネルギーとして力を発揮しています。

https://www.youtube.com/watch?v=QRLsIVSHknQ

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 秋田 雪国・秋田で未来を変える!太陽光発電のチカラ