2017.3.31

青森りんごに浮かび上がる不思議な輪の正体とは?

青森りんごに浮かび上がる不思議な輪の正体とは?

・果実を腐らせる「輪紋病」や「炭疽病」が地球温暖化の影響によって発生している可能性がある
・あたたかくなることで、害虫のハダニ類の発生時期の早まりや発生回数も増える可能性がある。

aomori_kiki_2_data_855x480

きれいな色つやで世界的にも有名な青森りんご。
しかし最近では果実を腐らせる「輪紋病」や「炭疽病」が確認されるようになりました。
この病気はあたたかい地域で発生するため、地球温暖化による影響と考えられています。
りんごの収量にも影響が出るため、今後も注意が必要になってくるかもしれません。現在は伝染源の除去と効果的な防除の研究などの対策が進められています。
また、あたたかくなることで発生する害虫のハダニ類の発生時期が早まり、発生回数が増える可能性も…。
害虫対策としては、気温があたたかくなることで、ハダニ類の天敵となるカブリダニも同じように増加することも予想されるため、農薬だけに頼らない防除の研究も進められています。
おいしい青森りんごのために、各関係機関でもさまざまな対策を講じています。

https://www.youtube.com/watch?v=kXinjA-QXOw

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 青森 青森りんごに浮かび上がる不思議な輪の正体とは?