2017.3.27

愛媛のみかんを守る!最新のみかん栽培技術とは?

愛媛のみかんを守る!最新のみかん栽培技術とは?

・近年、地球温暖化の影響とみられる、みかんの育成不良や障害が発生している。
・果実と皮の間にすき間ができ、味が悪く、腐りやすくなる“浮皮”などの影響が出ている。
・新しい生育技術を取り入れるなどの対策を講じているが、地球温暖化対策の推進により、これ以上の進行を止める必要がある。

ehime_kiki_2_data_855x480

日本一の柑橘類生産量を誇る愛媛県。
近年、愛媛県でも地球温暖化の影響と思われる、みかんの育成不良や障害が発生しています。
夏は高温少雨によって日焼け果が多発したり、果実が成熟する秋から冬にかけてあたたかいことによって、果実と皮の間にすき間ができ、味が悪く、腐りやすくなる障害、“浮皮”が増えるなどの影響が出ています。
愛媛県果樹研究センター みかん研究所 主任研究員 菊池毅洋さんは「浮皮みかんを減らすため、これまでは浮皮になりやすい外側から内側にかけて順に収穫する方法で対応してきたが、生育を早めたり遅らせるホルモン剤を利用した新しい浮皮軽減技術を取り入れています」と語り、他にも、オリジナル品種の開発を進めるなどが期待されていますが、原因となる地球温暖化への対策を推進することが重要です。

https://www.youtube.com/watch?v=32vyQlax8G8

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 愛媛 愛媛のみかんを守る!最新のみかん栽培技術とは?