2017.3.31

新品種のお米〈恋の予感〉に隠された理由とは?

新品種のお米〈恋の予感〉に隠された理由とは?

・広島県南部は、夏場の気温が高くなりつつあり、従来の品種では品質の高いお米が獲れにくくなった。
・夜の温度が高く、高温障害がではじめている。

hiroshima_kiki_1_data_855x480

福山市神辺町で現在、「恋の予感」という新しい品種のお米が作られています。
これが作られるようになった理由は、夏場の暑さで今までの品種のお米の品質が低下していることによるもの。
高温障害によって、従来の品種では白く濁ったお米などが発生し、品質の高いお米が穫れにくくなっているのです。
地球温暖化の影響か、近年では夏の夜の温度が上昇し、広島南部で作付けされる「ヒノヒカリ」には、高温障害が出始めているそうです。
そのため、代替品種として対暑性品種「恋の予感」の作付けが進められています。
やや大粒でしっかり粒感が味わえる特徴の「恋の予感」。
消費者としては一安心ですが、品種改良が行われるほどに広島の気候が変化していることを忘れてはなりません。
地球温暖化対策への取り組みが必要です。

https://www.youtube.com/watch?v=uFenWX51kbs

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 広島 新品種のお米〈恋の予感〉に隠された理由とは?