2017.2.9

減りゆく流氷が、地球規模の変化を引き起こす!?

減りゆく流氷が、地球規模の変化を引き起こす!?

・地球温暖化により過去40年で流氷の面積は約25%減少している。
・流氷が減少し、流氷ができる時に排出される、塩分の高い重い水が減れば海の中の環境にも影響が…。
・海の変化が生態系全体に影響を与え、地球全体を揺るがす変化に繋がるかもしれない。

hokkaido_kiki_9_data_855x480

冬のオホーツク海を埋め尽くす流氷。
しかし、この流氷も統計を始めた1971年以降、この40年間で約25%減少し、2015年の時点で最小の面積に…。
流氷の変化は地球温暖化によるもので、海の中の環境に大きな影響を与えることが考えられます。
実は、流氷ができるとき、塩分の高い重い水が排出されます。
その水がゆっくりと海底に沈みながら循環し、数千年かけて地球全体に栄養分を運ぶことが地球全体のサイクルとして重要な役割を果たします。
しかし、流氷が作られる量が減ってしまえば、排出される塩分の高い、重い水の量も減り、循環が弱まることで植物プランクトンの増殖にも影響が…。海の変化が生態系全体に影響を与え、ひいては地球全体を揺るがす変化に繋がるかもしれません。

https://www.youtube.com/watch?v=MuSgY5G-64I

関連記事

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 宮崎 大量発生するオニヒトデからサンゴを守ろう!