2017.1.25

創意工夫が生み出す〈地球もよろこぶ銭湯〉

創意工夫が生み出す〈地球もよろこぶ銭湯〉
  • 石川県のある銭湯で、湯沸かし燃料を廃油から建築廃材を砕いた木質チップに変更。

  • 年間で約480tのCO2の削減(ドラム缶1000本分の油量)に。

  • さらなる取り組みとして竹の間伐材を配合した木質チップを導入。創意工夫を重ね続けている。

ishikawa_taisaku2_main2

「町内のどの業種よりもお風呂屋さんは大きなエネルギーを使っていると思うんです」
石川県内で銭湯を2店舗経営するユーアンドゆグループ松永日出男さんは語ります。
使用する燃料から排出されるCO₂をいかに少なくするか?という課題に取り組み、3年前に湯沸かし燃料を廃油から建築廃材を砕いた木質チップに変更。年間で約480tのCO2の削減(ドラム缶1000本分の油量)に成功しました。
今ある設備を活かしたまま、知恵と工夫によって、新しく開発したボイラー並みの能力を出すことができたのです。
また、さらなる取り組みとして、金沢工業大学の学生と協力し、荒れた竹林の間伐材をチップに配合した新たな燃料の導入にも取り組んでいます。
「エネルギーシフトは創意工夫」
松永さんのチャレンジは続いています。

https://www.youtube.com/watch?v=U4FF565ppH8

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 石川 創意工夫が生み出す〈地球もよろこぶ銭湯〉