2017.3.27

灯油を使わないストーブが未来を変える!

灯油を使わないストーブが未来を変える!

・花巻市にある暖房機器メーカーでは、灯油を使わない「ペレットストーブ」を製造している。
・ペレットは、間伐材やおがくずを原料に燃料にしたもので扱いも簡単。
・ペレットは大気中のCO2を増やさず、環境への負荷が少ない再生可能エネルギーである。

iwate_taisaku2_main2

花巻市にある暖房機器メーカー「サンポット」では、灯油を使わない「ペレットストーブ」を製造しています。
ペレットは間伐材やおがくずを原料にした燃料で、こぼれても簡単に手で拾うこともでき、扱いやすいのが特徴です。また、ペレットが燃焼すると二酸化炭素を排出しますが、植林された木がその二酸化炭素を吸って成長し、再び燃料にすることができます。
このサイクルを「カーボンニュートラル」と呼び、このライフサイクル全体での収支はゼロとなります。
いつか枯渇する石油とは異なり、再生可能エネルギーのペレットストーブが普及することは、ペレットの燃料となる森を整備することにもつながります。
ペレットストーブで家を暖めながら、地球温暖化対策について考えてみませんか?

https://www.youtube.com/watch?v=BybBHQVI8-c

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 岩手 灯油を使わないストーブが未来を変える!