2017.3.31

北上するアユ!?高知の清流から消えゆく天然アユ

北上するアユ!?高知の清流から消えゆく天然アユ

・アユの主産地が西日本から東日本に移り始めている。
・地球温暖化の影響があるとみられ、2000年代から徐々に北関東、東北、北陸で漁獲量が増えている。

kouchi_kiki_3_data_855x480

清流に恵まれた高知県で今、天然アユが姿を消しつつあるのです。
かつてはアユの主産地として漁獲量の多かった西日本から現在では東日本に移り始めています。
ここにも地球温暖化の影響があるとみられ、2000年代から徐々に北の方で漁獲量が増えています。今では北関東から東北、北陸でも獲れているとのこと。
このような変化は、アユ自身が持つ生き物の本能として、環境の変化に対しての対応を取っている状況になっていると考えられます。
現在の状況を鑑みて、私たちも同じようにアユを取り続けていくという事ではなく、アユの変化を理解し、禁漁するなどの方策を取るなどの工夫を行うとともに、地球温暖化対策にも積極的に取り組んでいく必要があります。

https://www.youtube.com/watch?v=n4km7mPLDQc

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 高知 北上するアユ!?高知の清流から消えゆく天然アユ