2017.3.27

優しい運転で人にも、地球にもやさしく。

優しい運転で人にも、地球にもやさしく。

・熊本県は世帯あたりの自動車保有台数が1.314台と全国平均を上回る。
・市のNPO法人がエコドライブ診断を無料実施。排出ガスを減少させ地球温暖化対策に取り組んでいる。
・地球温暖化は大きな問題と思われがちだが、自分ごととして身近なことから取り組むことが大事である。

kumamoto_taisaku_2_data_855x480

生活になくてはならない自動車。
熊本県の世帯あたりの自動車保有台数が1.314台と全国平均(1.064台)を上回っています。
県のNPO法人「くまもと温暖化対策センター」は、熊本県の家庭から排出されるCO2の約41%が自動車から出ていることに着目。
2014年度から個人や企業を対象に安全運転エコドライブ診断を無料で実施し始めました。
運転時の急加速・急発進・急ブレーキなどで一人一人の運転のクセを専用ソフトでデータ解析。
診断結果を知ることで、優しい運転やエコドライブを目指すことができます。
「くまもと温暖化対策センター」田邉裕正さんは『地球温暖化対策は大きな問題と思われがちだが、運転を見直すなど、“自分のこと”としてとらえていくことが対策に繋がると考えています』と語ってくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=1JBYzn9ZwbM

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 熊本 優しい運転で人にも、地球にもやさしく。