2017.3.27

パイプを使った省エネ空調!?輻射式冷暖房システムとは

パイプを使った省エネ空調!?輻射式冷暖房システムとは

・宇土市の市民体育館では新たな輻射式冷暖房システムを導入し、省エネを実現している。
・パイプの中に冷水や温水を通し冷暖房とするため、風を使わずに局所的な空調することができ、CO2も大幅に削減される。
・次世代へ豊かな環境を守り繋げていくためにも、輻射式冷暖房システムの幅広い活用が望まれる。

kumamoto_taisaku_3_data_855x480

宇土市の市民体育館では新たな空調システムを導入し、省エネを実現しています。
それは、“輻射式”という冷暖房システムで、パイプの中に冷水や温水を通し冷暖房として使う方法です。
さらに、このシステムは全体空調に比べ、大きな省エネ効果があるといわれています。
その理由は、従来の風を使う空調は風が競技に影響しないよう離れた場所から空間全体を空調していますが、輻射式は風を使わず局所的に空調することができるためです。
この方式の冷房を使用したことで、CO2の排出量を1/12まで削減することができました。
また、空気を介さずに熱線によって直接、物や人に熱を移動させるため設定温度を極端にせずとも快適に過ごせます。次世代へと豊かな環境を守り繋げていくためにも、輻射式冷暖房システムの幅広い活用が望まれています。

https://www.youtube.com/watch?v=_ApVX3FfNv4

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 熊本 パイプを使った省エネ空調!?輻射式冷暖房システムとは