2017.1.25

人間の生活を脅かす!増えすぎたニホンジカ

人間の生活を脅かす!増えすぎたニホンジカ
  • 牡鹿半島でニホンジカが増加し、地域の住民を悩ませている。

  • 増加の原因はハンターの減少など様々なことが考えられるが、地球温暖化もその一因とされています。地球温暖化により、冬の降雪が減り、自然淘汰される個体が減ったとも…。

  • 捕獲数は80年代頃は年間50~60頭。今では1300頭に増加。生態系への影響が懸念される。

miyagi_kiki3_main2

牡鹿半島は、野生のシカが見られる地域でしたが、現在は増えすぎたニホンジカが問題になっています。
ここ10年来で牡鹿半島を中心に増え、現在はおよそ3000頭のシカが生息。
山から人里に降りてきたシカは、畑や庭の植物や農作物を食い荒らし、車との接触事故も引き起こすなどの被害を与え、地域住民を悩ませています。
増加の原因はハンターの減少など様々なことが考えられるが、地球温暖化もその一因とされています。
地球温暖化により、冬の降雪が減り、自然淘汰される個体が減ったとも…。女川町周辺で80年代ごろまで年間50~60頭だった捕獲数も、今では1300頭以上にまで増加。
猟友会石巻支部では、一日中狩りをしなければいけない状態とのこと。シカの増加による生態系への影響も懸念されています。

https://www.youtube.com/watch?v=td61tIKKbB8

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 宮城 人間の生活を脅かす!増えすぎたニホンジカ