2017.3.31

“日焼け”、“浮皮”…「させぼ温州」に迫る危機とは?

“日焼け”、“浮皮”…「させぼ温州」に迫る危機とは?

・夏に雨が降らず気温が高い状態が続き、「させぼ温州」は、“日焼け”・“浮皮”に見舞われた。
・近年の異常気象により、安定した品質のみかんを作っていくことが徐々に難しくなりつつある。

nagasaki_kiki_2_data_855x480

長崎では、「させぼ温州」という品種のみかんが栽培されており、糖度を上げるための“シートマルチ栽培”などの工夫で品質を保っています。
しかし、今年の夏は、雨が降らず気温が高い状態が続き、栽培には苦労が伴いました。
近年の異常気象により、安定した品質のみかんを作っていくことが徐々に難しくなりつつあるため、それに対応した栽培方法を確立することが急務となっています。
さらに、今後も地球温暖化が進むことで、九州での温州みかんの栽培が厳しくなると懸念されています。
高温になるとみかんの皮が実にくっついて皮がむける“日焼け”や、皮と果肉の間に空間が生じる“浮皮”、高温によって保存したみかんが腐るなどの被害も…。
現在、県や農家では、適した栽培方法を見つけようと模索し続けています。

https://www.youtube.com/watch?v=9SzAPCIoDus

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 長崎 “日焼け”、“浮皮”…「させぼ温州」に迫る危機とは?