2017.2.9

地球温暖化の影響?変わりゆく台風の動き。

地球温暖化の影響?変わりゆく台風の動き。

・2016年、沖縄県久米島に爪痕を残した台風18号。数十年に一度の暴風として、特別警報が発表された。
・気温の上昇や大雨の頻度増加など、地球温暖化に伴って気候が変化していることから台風にも変化が起きることが予想されている。
・猛威を増す恐れのある台風。その変化の兆しを見逃してはならない。

%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88

2016年10月、沖縄県久米島に爪痕を残した台風18号。
数十年に一度の暴風として、特別警報が発表されました。この年の台風1号は7月3日、と過去2番目に遅い発生。
過去2番目に遅い発生で、エルニーニョ現象があった年は台風の発生が遅い傾向があると言われています。
さらに、異例の進路をたどった台風10号。気象庁に30年務めているという方でも初めて見た動きに驚きを隠せません。
気温の上昇や大雨の頻度増加など、地球温暖化に伴って気候が変わり始めていることから、台風にも変化が現れることが予測されています。
今後、台風の数は減っても、発生した台風は強い台風の可能性が高くなります。
猛威を増す恐れのある台風。その変化の兆しを見逃してはならないのです。

https://www.youtube.com/watch?v=iI67Dqjw1Zg

関連記事

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 島根 〈変わらぬ食卓〉であり続けるために。島根の取り組み