2017.3.27

藻類から化粧品?!バイオマス都市の取り組み

藻類から化粧品?!バイオマス都市の取り組み

・佐賀市は生き物由来の資源、“バイオマス”を使う取り組みで「バイオマス都市」を目指している。
・佐賀市の清掃工場で1日10トンのCO2を分離回収。CO2を吸収する藻類培養施設へ送っている。
・藻類がCO2を吸収、増殖した藻類の有効成分を化粧品やサプリメント製品に活用する取り組み。

saga_taisaku_1_data_855x480

“バイオマス”は、生ごみや木材などの生き物から得られる再生可能な資源。
現在、佐賀市の清掃工場では“バイオマス”を使った画期的な取り組みが行われています。
ごみ処理過程で発生する排出ガスからCO2を分離回収。そこから新たな価値を見つける「バイオマス都市」を目指しています。
佐賀市環境部部長 喜多浩人さんは、『地域に存在する生物資源、バイオマスを取り出し、活用、運搬、製品化、流通させる…という一連の経済システムを作っていくことが大切。
それを中心に据え、佐賀で新しい産業を創出する町づくりを目指したい』と、バイオマス産業都市に着目した理由を語ります。
CO2分離回収設備では、1日10トンのCO2を分離回収。
CO2は清掃工場の隣にある民間の藻類培養施設へ送られ、藻類はCO2を吸収しながら増殖。
その有効成分を化粧品やサプリメント製品に活用する取り組みです。

https://www.youtube.com/watch?v=rO7_e_v_AAA

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 佐賀 藻類から化粧品?!バイオマス都市の取り組み