2017.3.31

危険な害虫が日本上陸!迫りくるツマアカスズメバチ

危険な害虫が日本上陸!迫りくるツマアカスズメバチ

・近年、攻撃的で様々な昆虫を食べることから生態系への影響も心配される特定外来生物、ツマアカスズメバチが発見されている。
・地球温暖化の影響で関東や東北へと生息地域を広げている可能性もある。

yamaguchi_kiki_2_data_855x480

2015年、下関市で「ツマアカスズメバチ」の生息調査が行われました。
攻撃的で人を刺すこともあるこのスズメバチは、様々な昆虫を食べるため、生態系への影響も心配される特定外来生物です。
東南アジアやインド、中国南部あたりに生息していますが、2012年に長崎の対馬で初めて確認、2015年には北九州でも見つかっています。
船舶に紛れて侵入したとみられ、その後も日本で生息できているのは、地球温暖化の影響があるのかもしれません。
かつては冬越しに成功せず定着できなかったツマアカスズメバチが、地球温暖化に伴って関東から東北地方へと生息地域を広げている可能性があります。
入り口となる港周辺の調査や一般の方にも興味を持ってもらい、見つけたらすぐに連絡をもらうことで効果的な駆除につなげることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=7eaHNz7Q-Tg

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 山口 危険な害虫が日本上陸!迫りくるツマアカスズメバチ