ゼロカーボンアクション30

私は青森から
ゼロカーボンアクション

アイドル 王林さん

インタビュー動画

アクション#12

暮らしに木を取り入れる

アクション#19

旬の食材、地元の食材でつくった
菜食を取り入れた健康な食生活

アクション#25

修理や補修をする

杉浦太陽さんがインタビューを受けている様子
王林さんが木を眺めている様子

まずは、自分ができることから
始めるのがいいんじゃないかと思っていて、
私は、地元のものを食べるようにしています。

やっぱり地元のものが1番美味しいです!

食器や家具など生活用品にも
地産地消を取り入れています。

青森のブナの木など地元の木を使った食器や家具が
おうちにあると生活を彩ってくれますよね。

ほかにも、普段は捨てられている剪定された
リンゴの木を使ったアクセサリーや家具があります。

王林さんが木を使った家具を眺めている様子

限りある資源を未来につなぐ

リデュース(ごみの発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)の「3R」の取組を自分たちの暮らしに取り入れてみましょう。

アクション#24

使い捨てプラスチックの使用を
なるべく減らす
マイバッグ、マイボトルなどを使う

アクション#28

脱炭素型の製品・サービスの選択

津軽塗の技法を使ってアート作品を手に持っている様子

私は実すぐり作業で捨てられるリンゴの実を
津軽塗の技法を使ってアート作品にすることにも取組ました。

大学の卒論のテーマで津軽塗を学んだのですが
津軽塗は高級感もエコの観点でも誇るべきものです。
お椀やお箸など漆塗りの製品はすごく丈夫で
海外ではエコの関心が高い人にも評価されています。

最近ではエコな商品もあって津軽塗のストローがおすすめです。

エコバッグやタンブラー、マイストローにマイ箸などにも
最近はファッション性がでてきて、
おしゃれなものがたくさんありますよね。

私の地元の津軽塗もおしゃれだと思いませんか?

王林さんが木を使った家具を眺めている様子
津軽塗の箸を王林さんが手に持っている様子

職人さんが時間をかけて一つ一つ丁寧に作り上げてるので
同じデザインが存在しないんですよ。

自分のお気に入りの箸やストローを見つけたら
ものを使い捨てしないことに意識が行くかなと思います。

津軽塗の箸の写真
王林さんが津軽塗の箸を作っている写真

環境ラベルがついた商品を
手に取ってみよう

環境ラベルとは、商品やサービスがどのように環境負荷低減に資するかを教えてくれるマークや目じるしのことです。 製品や包装などについており、環境負荷低減に資するモノやサービスを買いたいときに、とても参考になるマークです。 価格や品質だけでなく、リサイクルのしやすさや環境のことを考えて、グリーンな商品やサービスを選びましょう。

動画内の
ゼロカーボンアクション

  • アクション#12

    暮らしに木を取り入れる

  • アクション#19

    旬の食材、地元の食材でつくった
    菜食を取り入れた健康な食生活

  • アクション#25

    修理や補修をする

  • アクション#24

    使い捨てプラスチックの使用をなるべく減らす
    マイバッグ、マイボトルなどを使う

  • アクション#28

    脱炭素型の製品・サービスの選択

王林さんの画像