レイラ化粧品は製品の開発、製造、販売のすべての段階で「人と地球を大切に」をモットーに、低炭素化社会をめざします。

創立47年来、安全、安心の化粧品づくりをつらぬいてきました。
製品の開発段階から環境への影響を考慮し、省エネルギーを目指して処方や原料を選んでいます。肌に優しく、生分解性が高い原料で河川への負荷を低減しています。
詰め替え用製品を用意して容器包装の軽量化、発送用段ボール箱を通い箱にしてリユースを行ない、省資源化を促進しています。
工場インフラは省エネルギータイプを選択し、エアコンの温度管理とあわせてクールビズ、ウォームビズを取り入れています。
構内の緑化に取り組み、ヒートアイランドの緩和に貢献します。(写真)
「環境方針」を経営理念に取り入れ、社員一人ひとりが低炭素化社会を担います。
「CO2排出削減目標」を掲げ、1998年比で2017年には26.4%を削減しました。2020年までには30%、2050年までに50%を削減します。

掲載されているFun to Share宣言及びその内容は、各企業・団体から寄せられたものです。