地球温暖化防止コミュニケーター

IPCC AR5の警鐘

地球温暖化防止コミュニケーターとは

地球温暖化防止コミュニケーターとは、地球温暖化に関する情報を人から人への直接伝える‘伝え手’です。
地球温暖化防止コミュニケーターには、「世界の平均気温を産業革命以前から2℃未満に抑える」という国際的な目標を達成するために、気候変動問題への国民の理解と積極的な取組が喫緊の課題であることをあらゆる層の人々に伝え、ひいては民生部門におけるCO2の排出削減につなげることが期待されています。

【地球温暖化防止コミュニケーター事業の経緯】
●2013年度 IPCCリポート コミュニケーター事業としてスタート
・地球温暖化に関する最新の知見であるIPCC(気候変動に関する政府間パネル)第五次評価報告書の公表を契機に、地球温暖化に関する最新の情報を広く一般の方々に直接伝えることを目的として発足。
・登録者数: 2015年度末現在 1,586名
●2016年度 「地球温暖化防止コミュニケーター」に名称変更
・今後の地球温暖化対策の大きな節目となるパリ協定の採択や国民運動「COOL CHOICE」の推進、更に地球温暖化対策計画の策定等々の新しい動きを受け更なる事業の拡充を目指し、名称を変更。
●2016年度 地球温暖化防止コミュニケーター制度に関する検討を実施
・地球温暖化に関する有識者からなる検討会を発足し、今後のコミュニケーター制度及びコミュニケーター等の育成・活動に関する方法について検討。
●2016年度 コミュニケーター養成や活動支援用の各種コンテンツを作成
・コミュニケーター等の募集並びに登録に必要なコンテンツ、コミュニケーター向けの学習用教材、コミュニケーター登録用の試験問題、コミュニケーターとしての活動を支援するツール等、各種コンテンツを作成。
●2017年度 新たな制度による運用開始
・試験問題、教材等が見直され、コミュニケーターとしての活動実績の回数に応じて、ステップアップする仕組みが導入されるなど、新たな制度が導入された事業として運用を開始。

お問い合わせ

地球温暖化防止コミュニケーター事務局
communicator@ondankataisaku.env.go.jp

よくある質問

Q.登録申請をして、送られてきたURLにアクセスしたところ、「地球温暖化防止コミュニケーター初期登録に失敗しました。URLが間違っているか、申請から24時間が経過している~」といったメッセージが出ました。登録できていないのでしょうか?
A.上記のメッセージは申請確定URLに2回以上アクセスされた場合に出るケースが多いようです。
申請確定URLは最初にアクセスいただいた時点で初期登録が完了しており、複数回のアクセスは不要です。
初回に申請確定URLにアクセスされた時点で『初期登録完了及びアクセスID/パスワードのお知らせ』を自動送信メールでお送りしております。
初期登録はメールの受信をもって完了となりますので、メールの受信をご確認くださいますようお願い致します。
なお、ご利用いただいているメールの設定などにより、受信までにかかるお時間が異なりますのでご注意ください
Q.送られてきたパスワードでログインできないのですが?
A.事務局へお問合わせいただく前に、下記注意事項をご一読の上、再度ログインをお試しください。 パスワードは大文字と小文字が混在したコードとなっており、それぞれを別の文字として認識しております。 ご案内したコードのままで、お試しください。

【コード入力時の注意点】

  • 必ず半角で入力してください。
  • 大文字と小文字は、別の文字として認識されます
  • スペースも文字としてカウントされます。
  • CAPSのロックなどにもご注意ください。

※ご案内は「テストアクセスID/パスワード」、「専用サイトログインID/パスワード」共通です。

Q.テストに合格したが、登録画面などがでませんでした。本当に登録されているのでしょうか?
A.テスト受講結果が合格と判定されると、『登録完了及びID/パスワードの限定解除のお知らせ』を自動送信メールでお送りしております。
合格画面は解答の確認後、閉じていただいて問題ございません。
登録はメールの受信をもって確定となりますので、メールの受信をご確認くださいますようお願いいたします。
なお、ご利用いただいているメールの設定などにより、受信までにかかるお時間が異なりますのでご注意ください。
ページトップへ