地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 省エネルギー研修会~IPCC 第5次評価報告書から考えよう~自分たちができる省エネ・節電~
セミナーの実施日時 2015年03月19日 09時30分 ~ 10時30分
会場 北豊島工業高校 体育館
セミナー等の目的・概要 温暖化の最新情報を知り、節電・省エネになる生活を考える。
プレゼンのテーマ ・「温暖化影響」映像やパワーポイントを使用し、温暖化の深刻な影響予測を理解する。 ・「温暖化のしくみ」映像やパワーポイントを使用し、温暖化の原因が自分たちの生活の中でエネルギーを使用することであることを理解する。 ・東京都地球温暖化防止活動推進センターで作成している「家庭の省エネ」クイズとその説明で、「温暖化の緩和策」例を提案し、節電・省エネ宣言の実践を促す。 ・「温度上昇シミュレーション比較」映像で、これからの行動によって、未来が変わることを訴える。
参加者人数 高校1・2年生 300 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
【実施内容】
・「温暖化影響」映像やパワーポイントを使用し、温暖化の深刻な影響予測を理解する。
・「温暖化のしくみ」映像やおアワーポイントを使用し、温暖化の原因が自分たちの生活の中でエネルギーを使用することであることを理解する。
・東京都地球温暖化防止活動推進センターで作成している「家庭の省エネ」クイズとその説明で、「温暖化の緩和策」例を提案し、節電・省エネ宣言の実践を促す。
・「温度上昇シミュレーション比較」映像で、これからの行動によって、未来が変わることを訴えた。
周囲からの反応
校長談、とても良かった。生徒達は、何かを感じ・受け止めたと思えた。
教諭談、(1)ニュースで見聞きした国際会議の一つがIPCCの事だったと思い返され、随分大規模の会議だと知った。(2)生徒がお客様(居るだけ)ではなく参加をしていると思える聞ける内容だった。
生徒談、(1)随分と先の事まで考えているんだ。(2)環境問題は分かるんだけれど電気を使う・ゴミの分別を気にしなくていい今の生活を変えるのは正直に難しいな。(3)後日にゴミ分別場で「環境問題でしょ」と言いながらゴミの分別をしてくれました・・・というご意見をいただきました。