地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 平成26年度むさしの消費者スクール(第7回) ~家庭ですぐにはじめられる省エネ・節電
セミナーの実施日時 2014年11月20日 10時00分 ~ 11時30分
会場 武蔵野市消費生活センター 会議室
プレゼンのテーマ IPCC AR5で報告された気候変動のしくみと現状を映像で理解し、その緩和につながる家庭での省エネ・節電について考える
参加者人数 13 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
【実施セミナーのストーリー】
・今、世界で起きている温暖化影響について正しく理解し、この問題では先進国で生活する自分たちは、被害者にも加害者になることを改めて意識しながら、家庭で出来る省エネ・節電にとりくんでもらう。

【実施内容】
・武蔵野市消費生活センターは、毎年希望された市民を対象に「むさしの消費者スクール」を開催している。内容も「食品」「ゴミリサイクル」「エネルギー」など多岐にわたり、形式も座学や見学会などバラエティーに富む。その7回目として「家庭ですぐにはじめられる省エネ・節電」をテーマに講座を行なった。
・IPCCの説明に続いて、映像「IPCC AR5の警鐘(メッセージ)」を視聴し、今、世界で起きている温暖化影響について理解を深めた。そしてこの問題では先進国で生活する自分たちは、被害者にも加害者にもなることを改めて意識していただきながら、家電の計測などの実演も交えて、効果的な使用法や省エネを視点としたライフタイルの御提案を行ない、実際の取り組みを促した。
周囲からの反応
【来場者の反応等】
・受講者からは、「日常生活で使用している機器について理解できた。できる範囲での省エネを楽しみながら実行したいと思う。また、周りの人達にも伝えたいと思う。」「以前より気にしていた買い替えの冷蔵庫、電球について大変参考になった。全体に身近な問題の説明で本当に良かった。」等のご意見をいただいた。