地球温暖化防止コミュニケーター 活動報告書

セミナー等の名称 温暖化の現状と身近に出来る温暖化対策とスマートハウス構想。
セミナーの実施日時 2016年03月27日 13時00分 ~ 15時40分
会場 大阪市大正区内コミュニティーセンター
セミナー等の目的・概要 地球温暖化が起こす身近な生命の危機を認識し、身近に出来るその対策の一つとして、環境家計簿を取り組みやすく感じられるように金銭面に換算した環境家計簿の普及を促す。また、スマートハウス・スマートシティー構想の解説と、太陽光発電の急増する不当設置の現状と、適正価格の解説を行った上で、スマートハウスの普及啓蒙を行う。
参加者人数 28 名

自分自身の感想・良かった点・今後の課題等
温暖化の現状を解説して、大方の人が他人事として捉える感を感じるが、自分たち家族全体の生命の危機に関することを解説すると大半の方が聴き入っていた。また身近で出来るその対策としての環境家計簿を省エネからだけでなく、光熱費の節約という観点に置き換えて解説することで環境家計簿への取り組み易さを感じてもらえた。が、まだまだ地球温暖化に関しては他人事と成す事を感じる。その為、環境家計簿の普及を光熱費節約に重点を置き解説した事は良かったと感じた。また、スマートハウスの普及啓蒙をする内で、一般家庭での太陽光発電への関心度の高さと、その設置への不安度の多さを強く感じた。課題としては、地球温暖化がもたらす生命自体への危機に重点を置き地球温暖化への関心度を高めてもらう為の工夫の必要性を毎々感じる。