あかり未来計画とは

環境省及び経済産業省は、なるべく早期に省エネ性能に優れたLED照明や有機EL照明等高効率な照明製品への切替えの推進を行っています。

そこで、節電・温暖化対策のための高効率照明普及キャンペーン「あかり未来計画」を実施しています。

家庭やオフィスにはたくさんの照明があるため、ひとつひとつは小さくても電気使用量は全体として大きくなります。それは、高効率な照明製品への切替えが進むと、大きな節電効果も期待できるということ。照明での小さな省エネの積み重ねが、効果的な節電とCO2の削減につながるのです。

業務・家庭部門の省エネルギー対策・地球温暖化対策については、生産性・快適性を維持しつつ、節電に資する省エネを進める観点から、白熱電球からLED照明や有機EL照明等への切替えに関する対策が重要となります。

家庭における電気の消費構造の円グラフ 電気冷蔵庫14.2% 照明器具13.4% テレビ8.9% エアコン7.4% 電気温水器5.4% その他50.7%(温水洗浄便座、食器洗い乾燥機、電気ポット等 【出展】経済産業省 総合エネルギー調査会 省エネルギー基準部会(第17回)資料 「トップランナー基準の現状などについて」(平成23年12月26日)をもとに環境省作成) ※資源エネルギー庁平成21年度民政部門エネルギー消費実態調査(有効回答10,040件)及び機器の使用に関する補足調査(1,448件)より日本エネルギー経済研究所が試算
Copyright c あかり未来計画 secretariat & Ministry of the Environment.All right Reserved.