今までの記事

皆さんは、「BELS(ベルス)」という言葉を聞いたことがありますか?
「BELS」(「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略称。)とは、建築物省エネ法第7条に基づき建築物の省エネ性能を表示する第三者認証制度の1つで、一般社団法人 住宅性能評価・表示協会が運営しています。

「BELS」は、同協会に登録された登録BELS機関が省エネ性能を客観的に評価。一次エネルギー消費量をもとに5段階の星マークで表示しています。

2014年4月の創設以来、建築物の省エネ性能の適切な情報提供や、省エネ性能の一層の向上を促進する役割が期待されている「BELS」は、建築物に対する新しい表示制度の1つなのです。日本でも車や家電と同様に建物の燃費(エネルギー消費性能)を確認して選択することができるようになりました。
この「BELS」は、新築・既存を問わず申請をすることができ、申請書や図面・計算書などの設計図書に基づく評価となります。


兵庫医科大学ささやま老人保健施設

例えば、兵庫県篠山市の保健・医療・福祉面の総合ケア施設「兵庫医科大学ささやま老人保健施設」は、2016年7月(※1)に既存建築物の改修において、病院等ではじめて「BELS」最高ランクの5つ星を獲得しました。

現在、改修工事を行っている同施設ですが、館内のすべての照明をLED化することに加え、ランプ交換初期の明るさを抑え、設計照度の明るさを一定に保つことで消費電力を削減する初期照度補正機能や人感センサーによる照明制御を導入。さらに、熱源・空調・給湯・照明の各設備を最新の高効率の新機種へと変えることにより、施設全体で大幅な省エネ化を図っています。2017年1月の工事終了後には、改修前より消費電力を52%削減する見込みです。

(※1)2016年7月11日付け

また「BELS」は、以前までオフィスビルや店舗のような非住宅建築物が対象でしたが、2016年4月1日より住宅の申請も受け付けを開始しました。


ライオンズ広島加古町

そんな中、広島県広島市の「ライオンズ広島加古町」は、マンションとしては日本初(※2)となる全住戸で「BELS」認証を取得。ランクも全住戸で4~5つ星を獲得しました。

同マンションは、省エネ基準のマンションと比較しても、最大で27%の一次エネルギー消費量を削減。さらに、CO₂の排出を抑制する建物として認定された「認定低炭素建築物」(※3)マンションでもあり、室内にはLED照明を取り入れ、細部にわたって省エネ住宅を実現しています。

(※2)2016年4月5日付
(※3)2012年12月に、都市におけるCO2の排出を抑制することを目的に通称「エコまち法」が施行。市街化区域内等において、低炭素化に資する措置が講じられた建築物を認定する制度。


NPC24H立川緑町第2パーキング

立体駐車場でも、「BELS」認証を受けたものがあります。
例えば、東京都立川市の「NPC24H立川緑町第2パーキング」は、自走式型駐車場として「BELS」最高ランクの5つ星を獲得しました(※4)。

同駐車場は、鉄骨5階建ての立体駐車場で、敷地面積3000.74㎡、延べ面積1万1343.51㎡、545台の自動車の収容が可能な大型の駐車場です。
その駐車場内の照明をすべてLED照明とし、消費電力の低減によりBEI値(※5)0.22(78%削減)を算出されたことが、「BELS」の高評価を受けました。

(※4)2016年6月30日付
(※5)設計一次エネルギー消費量(家電・OA機器等除く)を、基準一次エネルギー消費量(家電・OA機器等除く)で割った値。

以上のように、「BELS」は、建築物の側面から低炭素社会への取り組みを後押ししています。省エネ性能レベルが簡単にわかる「BELS」について、みなさんもぜひ、オフィスや工場、駐車場、マンションなど建築物の「BELS」表示にご注目ください。


情報提供:
一般社団法人 住宅性能評価・表示協会兵庫医科大学ささやま老人保健施設株式会社大京IHI運搬機械株式会社日本パーキング株式会社
Copyright © あかり未来計画 secretariat & Ministry of the Environment.All right Reserved.