いま、注目の新スタイル タスク・アンビエント照明

経済産業省では、快適な室内環境を保ちながら、年間で消費するエネルギー量を大幅に削減する建築物の実現・普及を進めています。 そのための方法として、いま、ヨーロッパのオフィス等で主流となっている「タスク・アンビエント照明」に注目が集まっています。

タスク・アンビエント照明とは
Task(作業) and Ambient(周囲) Lighting(照明)
の日本語訳です。

日本のオフィスでは天井に設置された照明によって、部屋の隅々まで平均的に明るくする照明手法が一般的です。
これに対してタスク・アンビエント照明は、作業する場所や作業対象に必要な明るさにするスタイル。適切なバランスで照明を計画することにより、さらに省エネできることに加え、明暗バランスの良い快適なオフィス環境をつくることができます。

あかるさセンサや人感センサを取り入れることで、いっそう効率よく簡単にタスク・アンビエントが実現できます。


参照:日本照明工業会 「LED照明にカエルドキ」
Copyright © あかり未来計画 secretariat & Ministry of the Environment.All right Reserved.