COOL CHOICE LEADERS AWARD 2018

受賞者インタビューページは2020年3月末日頃に
掲載終了いたします。

受賞者インタビュー

アクションリーダーアイコン画像

アクションリーダー部門

ファインモータースクール

免許の取得段階で自然とエコドライブが身につく「楽エコ教習」と楽エコ教習を基軸とした子どもからベテランドライバーまで世代を問わない多様なエコドライブおよび地球温暖化啓発活動

ファインモータースクール・臼田 和弘(うすだ かずひろ)社長の受賞の感想

ファインモータースクール・臼田 和弘(うすだ かずひろ)社長の受賞の感想

このたび環境大臣賞をいただいたことは本当に嬉しく思います。以前、教習にエコドライブを取り入れたことで環境大臣賞(平成24年度環境保全功労者表彰)をいただきましたが、今回は「エコドライブの普及」に貢献したということをご評価いただきました。今後も様々な活動を通じて「エコドライブ」の普及に貢献していきたいと思います。

臼田さんがエコドライブを教習に取り入れようと思ったキッカケ

10年ほど前に大きな台風が九州にやって来た時に、私の親戚が被災地域に住んでいました。その時から、こういった気象の変化は「地球の温暖化が進んでいるのが原因ではないか」と考えました。ちょうど東京ではグリーン・エコプロジェクトなども始まっており、私にも何かできないかと考えたのです。しかし、個人で何かを行うには限界があります。私は会社を経営していましたので、「まずは会社でやってみよう」と思いました。それが「楽エコ教習」につながっていきます。

臼田さんのエコドライブとの出会いは

臼田さんのエコドライブとの出会いは

「地球環境のために何かできないか」と考えている時に出会ったのがモータージャーナリストの菰田 潔(こもだ きよし)さんです。彼の提唱するエコドライブの講習を受け、納得しました。「これを教習に取り入れれば、エコドライブを多くの人に広めることができるのではないか」と考えました。すぐに若手のインストラクター3名を選び、「エコドライブ」を教習に取り入れるプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトを主導した現品質保証部リーダーの古田秀人(ふるた ひでと)さんは語る

プロジェクトを主導した現品質保証部リーダーの古田秀人(ふるた ひでと)さんは語る

臼田社長から「エコドライブを教習に取り入れる」と聞かされた時、私はエコドライブについてまったく何も知りませんでした。そこで菰田先生にじっくりと教えていただき、自分でも実践してみました。それで「なるほど」と納得しました。ガソリンの消費量が少なくなり、自然に安全運転ができるのがエコドライブです。それで当社の上尾校の教室の一室で準備を進め、3か月後には約400ページの教案書を作成しました。

ファインモータースクール顧問でもありモータージャーナリストの菰田潔さんは、本賞受賞の影の功労者ともいうべき存在。菰田さんのお話し。

ファインモータースクール顧問でもありモータージャーナリストの菰田潔さんは、本賞受賞の影の功労者ともいうべき存在。菰田さんのお話し。

10年ほど前でしょうか。教習所の経営者さんたちに集まっていただき、私がエコドライブについて説明する機会がありました。私はエコドライブを日本で普及させることが地球環境にとっても好ましい影響があると信じていましたが、私の説明に賛同してくれたのは臼田さんだけでした。彼が自社の教習所でエコドライブ普及を行いたいと申し出られたので、私は喜んで全面協力させていただきました。

エコドライブはぜひ日本中に広めるべきです。私は約520台のトラックを運用している運送会社のセーフティドライブのインストラクターを行ったことがあります。そこでエコドライブを取り入れたら1年間で約1億5千万円の燃料費が軽減できた上に、事故が大幅に減少したので保険料も1億円安くなりました。その運送会社は大喜びしてくれました。こういったことは、今後ぜひ日本中に広めるべきです。

ファインモータースクール顧問でもありモータージャーナリストの菰田潔さんは、本賞受賞の影の功労者ともいうべき存在。菰田さんのお話し

ファインモータースクール顧問でもありモータージャーナリストの菰田潔さんは、本賞受賞の影の功労者ともいうべき存在。菰田さんのお話し。

10年ほど前でしょうか。教習所の経営者さんたちに集まっていただき、私がエコドライブについて説明する機会がありました。私はエコドライブを日本で普及させることが地球環境にとっても好ましい影響があると信じていましたが、私の説明に賛同してくれたのは臼田さんだけでした。彼が自社の教習所でエコドライブ普及を行いたいと申し出られたので、私は喜んで全面協力させていただきました。

エコドライブはぜひ日本中に広めるべきです。私は約520台のトラックを運用している運送会社のセーフティドライブのインストラクターを行ったことがあります。そこでエコドライブを取り入れたら1年間で約1億5千万円の燃料費が軽減できた上に、事故が大幅に減少したので保険料も1億円安くなりました。その運送会社は大喜びしてくれました。こういったことは、今後ぜひ日本中に広めるべきです。