COOL CHOICE チャレンジ COOL CHOICE チャレンジ

~地球温暖化対策を実践する1週間~

2018年11月26日~12月2日

「COOL CHOICE チャレンジ~地球温暖化対策を実践する1週間~」では、地球温暖化の現状を知り、
省エネ・低炭素型の製品への買換え・サービスの利用・ライフスタイルの選択などの「賢い選択」を
広く国民や企業の皆さまに実践していただくことをお願いしています。

本サイトでは地球温暖化対策の取組を促進するため、
先進的な取組をしているエコ・ファースト認定企業とSBT認定企業の事例をご紹介します。
ぜひ実践していただくための参考にしてもらえたらと思います。

SBT認定取得
株式会社丸井グループ2018.12.17

「共創サステナビリティ経営」で
最先端の環境テーマに挑戦
2030年までに事業活動で消費する電力を
「100%再生可能エネルギー」で調達

マルイミライプロジェクトの様子

環境への配慮や社会的課題の解決、ガバナンスへの取組とビジネスを一体化した「共創サステナビリティ経営」の下、先進的な環境対策に挑戦している丸井グループ。日本の小売業界で初めてSBT認定を取得し、2018年には事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指しRE100に加盟しました。先進的な取組を支える風土や仕組みについてご紹介します。

今回の取材にご協力いただいた方:
サステナビリティ部長 戸井田敦子さん
サステナビリティ部 サステナビリティ担当チーフリーダー 永井英男さん

フロントランナーとして最先端の環境対策に挑戦

丸井グループは1931年の創業以来、小売と金融が一体となった独自のビジネスモデルを軸として、時代の変化にいち早く対応、進化させてきた歴史があり、環境に対する取組についてもフロントランナーを目指しています。例えば、CO2などの温室効果ガス排出量の削減目標に関して、以前から算定対象であった丸井グループ自らの排出量(Scope1&2)に加え、2014年から新たに原材料の調達・輸送~お客さまご購入後の排出量(Scope3)を含む、バリューチェーン全体に対象を広げました。2018年には日本の小売業界で初めてSBTイニシアチブの認定を取得。また、国際的イニシアチブRE100に加盟し、2030年までに事業活動で消費する電力を「100%再生可能エネルギー」で調達することを目標に掲げるなど、数々の先進的なテーマに対して果敢にチャレンジしています。

温室効果ガス排出量の推移
温室効果ガス排出量の推移

上から押し付けない、ボトムアップ型の文化が原点

丸井グループには、「自ら考え、自ら行動する」企業文化が醸成されています。例えば2010年から「循環型ファッション」というテーマの下、衣料品やシューズの下取り~リユースをはじめ「無駄な商品は作らない=廃棄物を元から減らすリデュース(発生抑制)」に対する取組を現場レベルで推進。累計販売470万足(2018年9月末時点)を超える大ヒットプライベートブランド「ラクチンきれいシューズ」も、現場の社員やお客さまの声から生まれました。これまでサイズが合わず、履かずに捨てられていた無駄な靴を生み出さず、お客さまのニーズにマッチした商品を提供することで多くの支持を得てきたのです。他にも、自ら手を挙げて参加する各種プロジェクトを推進することで、全社員を対象にさまざまなテーマに対して「やりたい!」と思うものに自由に挑戦できるチャンスがあります。

未来志向で深く議論する各種「グループ横断プロジェクト」を実施
未来志向で深く議論する
各種「グループ横断プロジェクト」を実施

共創サステナビリティ経営の下、
全てのステークホルダーと共に高い目標に挑戦

現在、丸井グループでは共創サステナビリティ経営を推進しています。4つの重点テーマの一つが「エコロジカル・インクルージョン」。環境負荷の少ない事業を推進し、低炭素社会や循環型社会の実現を目指し、自然と環境との調和を図るエコロジカルなライフスタイルを提案しています。冒頭でご紹介したSBT、RE100なども、そうした活動の一環です。ただ、ハイレベルな目標を実現するためには、自社だけでなくすべてのステークホルダーとの「共創」が必要です。そこで
◇取引先企業に対しては、定期的に生産工場などを訪問し、現地ミーティングすることで、労働環境の改善や電力消費量削減への対策考案~実践
◇株主や投資家に対しては、環境問題に取り組むための資金を調達する「グリーンボンド」を発行
◇お客さまに対しては、衣料品・シューズの下取り~リユース活動へのご参加
といった形で共創を生み出し、目標実現に向けてチャレンジしていきます。

取引先との現地の工場でのミーティング
取引先との現地の工場でのミーティング

まずは手を挙げる・行動を起こすことが、大きなメリットを生み出す

「これまでの経験から私たちが得たのは『まずは手を挙げて行動を起こすこと』が、何物にも代えがたい大きなメリットをもたらすということです」と、戸井田さんは言います。例えばRE100への加盟に関しては、グローバル展開している異業種の先進企業から直接、環境活動に関するアドバイスをもらい、実りある対話を行いました。対話を通して、小売業界という枠を超えた、参加企業の環境対策活動に対する志の高さに刺激を受け、自社でも「国内初、再生可能エネルギーによる電力調達を使途とする『グリーンボンド』の発行」など有効的な対策を考え実践しています。丸井グループは今後もフロントランナーとして、環境負荷低減に向けた取組を進めていきます。