家庭でできる節電、7つのポイント

1.こまめにスイッチオフ! スイッチオフで電気使用は必要最小限に!

照明も電化製品も本当に必要な時だけ使い、使わない場合は、こまめにスイッチを切りましょう。
また長時間使用しない場合は、プラグを抜いておきましょう。

エアコン

冷房・暖房は必要な時だけつけよう

タイマーを上手に使うなど、必要な場所で必要な時だけ使いましょう。外出する場合は直前でなく、早めにスイッチを切るようにしましょう。また、長時間つかわない時はプラグを抜きましょう。

1日1時間、使用時間を減らした場合の省エネ効果(年間)
・冷房(設定温度28℃)電気18.78kWh、原油にして4.73L CO2削減量7.8kg
・暖房(設定温度20℃)電気40.73kWh、原油にして10.26L CO2削減量16.8kg
※電力の排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算

照明

必要のない灯りは、こまめに消す

人のいない部屋や廊下はこまめに消灯しましょう。
また、照明の間引きや照度の調整を行って、必要最小限の灯かりを心がけましょう。

■リモコン

手元で照明器具のON /OFF、明るさの調光が行えます。
また、設定した調光状態でON、OFFが可能で、省エネにもなります。

1日1時間、点灯時間を減らした場合の省エネ効果(年間)
・白熱電球(54W) 電気19.71kWh、原油にして4.97L CO2削減量8.1kg
・蛍光ランプ(4.38W) 電気4.38kWh、原油にして1.10L CO2削減量1.8kg
※電力の排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算

テレビ

見ないテレビはこまめに消す

テレビを見ていないときはこまめに消しましょう。リモコン待ち状態でもエネルギーを消費しているので、消す時は主電源から。旅行など、長期不在の時はプラグを抜くようにしましょう。

1日1時間、テレビを見る時間を減らした場合の省エネ効果(年間)
・ブラウン管(25インチ) 電気31.86kWh、原油にして8.03L CO2削減量13.2kg
・液晶(20インチ) 電気15.00kWh、原油にして3.78L CO2削減量6.2kg
・プラズマ(32インチ) 電気74.57kWh、原油にして18.79L CO2削減量30.82kg
※電力の排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算

パソコン

パソコンを使わない時は電源OFF

パソコンを使わないときは、必ず電源をオフにしましょう。また、長時間使わない時にはコンセントからプラグを抜けば待機電力も減らすことができ、より節電です。

電源オプションを見直す

電源オプションを上手に設定するだけで節電につながります。
例えば、「モニター電源をOFF」から「システムスタンバイ」に設定を変えた場合1年間で12.57kWhの消費電力を削減できます(デスクトップ型パソコンの場合)。

1日1時間、使用時間を減らした場合の省エネ効果(年間)
・デスクトップ型 電気31.57kWh、原油にして7.96L CO2削減量13.0kg
・ノート型 電気5.48kWh、原油にして1.38L CO2削減量2.3kg
※電力の排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算

2011夏期実施率

必要のない灯りは、こまめに消す 実施した81% 実施してない19% ※出典:資源エネルギー庁2011年 東京電力・東北電力管内の家庭における「今夏の電力需要抑制対策について」

蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合、年間で4.38kWh節電、1.8kg-CO2削減、約100円節約になります。白熱電球では19.71kWh節電、8.1kg-CO2削減、約450円節約になります。
また毎回プラグを抜き差しする手間を省くために、スイッチ付きコンセントやスイッチ付きタップの利用が便利です。
※電力のCO2排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算
※1kWh22.86円で試算

戻る