家庭でできる節電、7つのポイント

6.テレビで節電! 主電源OFF・明るさを調節して節電!

テレビを見ないときは消そう

■消すときは主電源をOFFに

リモコン待ち状態でもエネルギーを消費しているので、主電源で消しましょう。旅行など長期不在の時はプラグを抜きましょう。

■ゲームが終わったらテレビもOFFに

テレビゲーム機の電源を消した後は、忘れずにテレビの電源も消しましょう。

画面を掃除しよう

テレビの画面は静電気でほこりがつきやすく汚れやすいものです。
一週間に一度くらい乾いた布でふきましょう。

音量は不必要に大きくしない

必要以上に音を大きくしないようにしましょう。

画面は明るすぎないようにしよう

液晶テレビ、プラズマテレビは、画面モードを省エネモードにしよう。

2011夏期実施率

画面は明るすぎないよう省エネモードに設定 実施した63% 実施してない37% ※出典:資源エネルギー庁2011年 東京電力・東北電力管内の家庭における「今夏の電力需要抑制対策について」

プラズマテレビの輝度を「最大→中央」に調節した場合、
年間で152kWh節電、62.7kg-CO2削減、約3,500円節約になります。
明るすぎる画面は目も疲れやすくなります。
目にやさしい明るさに設定することをおすすめします。
※電力のCO2排出係数0.413kg-CO2/kWhで試算
※1kWh22.86円で試算

戻る