オフィスでできる節電、7つのポイント

4.照明で節電! 明るさや点灯時間を調節して節電!

照度を下げる、間引き点灯をする

明るさ(照度)を調整できる照明器具は、必要のない場合は照度を下げましょう。
また、照明器具の数を減らすことも節電につながります。

照明器具の掃除で明るさアップ

ランプやかさが汚れると、明るさは極端に低下します。
ダイニングキッチンなどの汚れやすい場所は、こまめにお手入れしましょう。

点灯時間を短くしよう

必要のないあかりはこまめに消しましょう。
長時間部屋を空けるときは消した方が経済的です。
蛍光ランプは極端に頻繁に点滅させるとランプの寿命が縮むので注意しましょう。

人感センサーをうまく活用しよう

明るさを検知して点灯・消灯(調光)する「照度センサー」、人を検知して点灯・消灯(調光)するのが「人感センサー」です。
どちらのセンサーも照明が必要なときだけ点灯し、消し忘れもないので無駄な電気を使わず節電になります。

省エネ型の照明器具に買換えよう

白熱電球を利用している場合は、なるべく消費電力の少ない、
電球型蛍光灯やLED電球に買換えましょう。

戻る