2017.3.27

ニホンザルが人里へ!?

ニホンザルが人里へ!?

・近年、地球温暖化の影響で、自然淘汰されるサルが減る一方、食料を求めて人里へ下りてくるサルが増えている。
・青森県むつ市では、ニホンザルによる被害が報告されており、根本的な対策が求められている。
・事態解決へ向け、ニホンザルを捕獲するなど、頭数を減らす工夫をしていきたいとしている。
・地球温暖化による生態系への影響は様々な形であらわれる。

aomori_kiki_6_data_855x480

近年、地球温暖化によると考えられる暖冬などの影響で、自然淘汰されるサルが減っており、食料を求めて山から下りてくるサルが増えている。
青森県むつ市では、ニホンザルによる被害が報告されており、農家からは「畑が荒らされて収穫できない状態になる」などと相談が寄せられているという。
人に対して攻撃を加えることもあり、人家侵入や器物破損など生活環境への被害も出ていると考えられる。
ニホンザルの個体数が増えれば被害も増えると予想されるため、根本的な対策が求められている。
むつ市は、事態解決へ向け、鳥獣被害防止計画に基づき、地元住民および近隣町村と連携して捕獲するなど、頭数を減らす工夫をしていきたいとしている。

https://www.youtube.com/watch?v=i0ucoMJPFwA

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 青森 ニホンザルが人里へ!?