2017.3.31

〈ウォームシェア〉でココロもカラダもポカポカ!

〈ウォームシェア〉でココロもカラダもポカポカ!

・愛媛県内での2013年度の温室効果ガスの排出量が基準年と比べ、27.7%増加している。
・家庭部門からのCO2削減対策として〈ウォームシェア〉に取り組み始めた。
・ある施設では〈ウォームシェア〉と共に環境学習や体験を行い、地球温暖化対策に努めている。

ehime_kiki_3_data_855x480

愛媛県内での温室効果ガスの排出量が、急激に増加する傾向にあります。
2013年度の愛媛県内の温室効果ガスの排出量は、基準年である1990年度と比べ、27.7%増加していることが分かりました。
その中で、事務所や店舗の業務部門と家庭部門からの排出量が増加していたため、家庭部門のCO2削減対策として〈ウォームシェア〉に取り組んでいます。
お店や公共施設の協力を得ながら「ウォームシェアキャンペーン」を実施し、住宅や公共施設などで家族や仲間と暖かさを共有し合います。
県内のとある施設では、間伐材を利用したペレットストーブで暖を取り、館内で自転車発電などを通して電気の有効利用などの環境学習や体験をすることによって、自然と地球温暖化対策に取り組むことができる施設として利用しています。

https://www.youtube.com/watch?v=D4DX84Fd5MQ

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中・四国エリア 愛媛 〈ウォームシェア〉でココロもカラダもポカポカ!