2017.1.25

〈ミッドナイト節電〉が生み出す大きなエネルギー

〈ミッドナイト節電〉が生み出す大きなエネルギー

・福井県の17世帯が深夜電力装置の設定を変えることによる節電実験に取り組んだ。
・15/17世帯に節電効果が見受けられ、30%以上の節電効果が出た世帯も(去年同期比)。
・給湯は家庭で使うエネルギーの約3割を占める。“かしこく工夫”することで大きな節電効果になる。

fukui_taisaku_4_data_855x480

夜間に余った電気を有効利用する「深夜電力」は、日中に使うお湯を夜に沸かすエコキュートや電気温水器として普及しています。
これらは自動装置ですが、設定を変えると節電することができます。
冬の一か月間、福井県内の17世帯を対象に実験したところ15世帯に節電効果があり、その内6世帯は、対前年同時期比で30%以上の節電効果が見られました。
深夜電力の節電に取り組む大橋春美さんは『一回設定してしまえば、ライフスタイルを変えずにできてお手軽。誰でもできる』と嬉しそうに語ってくれました。
給湯は家庭で使うエネルギーの約3割を占め、地球温暖化対策上、とても重要です。
福井の北陸電力エリアでは4割がエコキュートや電気温水器を使用しており、仮に半分の家庭がこの節電に取り組めば、福井県の家庭から出されるCO2を約3%も削減できる計算になります。

https://www.youtube.com/watch?v=ah5A3vBhN4A

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 中部エリア 福井 〈ミッドナイト節電〉が生み出す大きなエネルギー