2017.3.7

小さな〈共和国〉で、楽しみながら地球温暖化対策!

小さな〈共和国〉で、楽しみながら地球温暖化対策!

・宗像市にある「葉山ヘルスケア省エネ共和国」は、地球温暖化対策に取り組んでいる団体。
・省エネを呼び掛けたり、各家庭の電気使用量の計測や省エネ対策の講習会などを開いている。
・地域のCO2を前年度から約12%削減し、「ふくおか減CO2自慢大作戦」で最優秀賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

fukuoka_taisaku_3_data_855x480

宗像市葉山地区にある小さな共和国「葉山ヘルスケア省エネ共和国」。安全で快適に過ごせる街を目指して、2005年に建国された団体です。地球温暖化対策を重点的に行っており、毎月8の付く人を“省エネの日”と決めて、のぼり旗を建て、省エネを呼び掛けるなどの活動をしています。
また、公民館では“国”の幹部が集まって和やかな“国会”を開いたり、各家庭の電気使用量の計測や省エネ対策の講習会なども行われています。2007年には、地域のCO2排出量を前年度から約12%も削減し、「ふくおか減CO2自慢大作戦」で最優秀賞を受賞することができました。
さらに、福岡県を代表して出場した大会では優秀賞を受賞。地球温暖化対策に高い評価を得ています。地球温暖化対策は、資源を大事に使うことや街づくり、子どもの育成にも繋がる大切な活動。今後も続けたい取り組みです。

https://www.youtube.com/watch?v=9JuZtvsLfzg

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 九州エリア 福岡 小さな〈共和国〉で、楽しみながら地球温暖化対策!