2016.12.7

食用油をリサイクル!レトロなバスが自然を守る

食用油をリサイクル!レトロなバスが自然を守る
  • 裏磐梯の桧原湖一周観光バスは、地球温暖化対策のシンボルとして走るレトロなバス。

  • バスの燃料はバイオディーゼル。家庭や宿泊施設から回収した使用済みの油を精製し作られている。

  • バイオディーゼルは軽油に比べてCO2の排出量が少なく環境にやさしい燃料。

fukushima_taisaku1_main2

国内でも有数の観光地、裏磐梯。
五色沼など豊かな自然に恵まれ、数多くの宿泊施設があります。
ここで走る桧原湖一周観光バス「森のくまさん」は、懐かしいデザインのボンネットバス。実は、このバスには地球温暖化対策に繋がる素晴らしい取組があります。
このバスの燃料は、バイオディーゼル。使用済みのてんぷら油を、家庭や宿泊施設などから毎月1100リットル回収。汚れた油を特殊な機械で精製し、自動車燃料として生まれ変わらせています。
バイオディーゼルは、軽油に比べCO2の排出量が少なく、地球環境に優しい燃料。2004年から運行を開始したこのバスは、地球温暖化対策のシンボルとして裏磐梯を走っています。

https://www.youtube.com/watch?v=e967bBHvabE

COOL CHOICE COOL CHOICE TV 東北エリア 福島 食用油をリサイクル!レトロなバスが自然を守る